JiSC活動指針

私たちは「国際協力とは、より幸せな未来創造のために、国を超えて助け合うこと」の理念の下、日本で生活する外国の方々の生活環境の向上を支援し、より良いライフスタイルを提供することを目的に活動しています。

2010年に設立をして以来、生活、学習、就業など、日本で生活をしている外国人の方々に対しての包括的な支援活動を行っています。

生活の面では、住居の提供や各種行政手続きのサポートなど、学習の面では、各国の日本留学を希望する方々と日本各地の日本語学校との橋渡し及び留学ビザ申請のサポート、モンゴルに支店を開設し、モンゴルの方々への日本語を学んで頂く場の提供、また、グループ会社を通じて、埼玉県に日本語学校を設立し、世界各国から来日する留学生へ日本語を学んで頂くと同時に、卒業後の大学や専門学校への進学のサポートなどを行ってきました。

また、就業の面では、新たな就労資格である「特定技能ビザ」が2019年4月より施行開始されたことに伴い、私たちは、特定技能ビザを取得して日本で働く外国人の方々と彼らを雇用する企業様を支援するために、出入国管理庁より正式に「登録支援機関」の認可を受けました。

これまでも、留学生の方々への在学中のアルバイトの紹介や卒業後の就職支援活動を行ってきましたが、今後、私たちは、「登録支援機関」として、特定技能ビザを取得して日本で働く外国人の方々の支援活動にも力を注いでいきます。

日本での就労意欲を持つ外国人の方々の夢や希望と、優秀な人材の確保を必要とされている企業様とを結んで実りある雇用を生み出すと同時に、外国人の方々の就業開始後も、

外国人の就業者の方々と企業様双方への継続的な支援活動を行うことにより、日本社会の活性化を促し、国籍を超えて共存できるゆたかな社会の実現を目指していきます。